Page: 1/2   >>
こんなラッキーもたまにあるのよ
ちょっと前のことです。
保健所に推定3才ぐらいのラブラドールが収容されてました。
期限は切れていましたがたまたま犬舎が空いていて、とても性格がよい子だったので希望者が現れることに望みをかけ処分が延期されていました。
ところがなかなかよいお話もなく・・

そのうちに他の保健所からもゴールデンが収容されている情報が入り、また同保健所に大けがをした黒ラブが・・・
大型犬を預かってくれる人は限られているので、悩むところです。

そんなとき、大型犬希望者があったことを思い出し、電話をかけたところ、すぐに保健所に見に来てくださいました。
私たちはネット以外でもチラシ展開で里親募集をしています。
そちらから来てくださった希望者さんでした。

大型犬の飼育も慣れていらっしゃいます。
そして、保健所の担当者から、指導を受けていただき、この子を引き取っていただけることになりました。
その後病院へ健康診断に行きそれもご報告いただき、今後狂犬病予防や登録など順番にやっていきます!としっかりお約束いただき、一安心。

そのおかげで先日ゴールデンを引き取ることができたのです。
保健所へ直に引き取りに来られると審査が甘いなどと批判されていたころもありましたが、いろいろな失敗を経て、最近では新しい飼い主さんに一通りの指導をしてもらえるのでありがたいことです。
 
| 飼い主探し隊 | 00:31 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
避妊済みの女の子を飼っていらっしゃる方へ
先日里親さんからちょっと聞いた話・・

ワンコは推定5才ぐらいの中型雑種の女の子なんだけど・・
最近夜寝てるときに粗相をしてしまうので気になっていたそうです。
いわゆる「おねしょ」ですな。

今までそんなことは一切なくてトイレも失敗なしのとてもお利口ワンコだったのになぜ?
もしかしたらなにか具合が悪いのかも・・と思い獣医さんに相談したところ・・

どうも避妊によりいわゆる人間で言う女性ホルモンが減って下半身がゆるくなるようなのです。
寝ているときは脱力してるから特にもれちゃうんですな。
これって人間の更年期に似てたりして・・

今「うんうん・・」ってうなづいた人仲良くしたいわ〜

まあこの症状は個体差があるからすべてのワンコに当てはまらないそうですが・・
以前譲渡したハスキーもやはりそうでした。
中〜大型に多いのかしら・・

もちろん病気予防の意味でも避妊は絶対してくださいよ。

もし避妊済みの女の子でおねしょしちゃっても絶対に叱らないでね〜

行儀が悪いわけでもなんでもない。
体調の変化ですから。
ちゃんと獣医さんに相談して下さい。
症状を緩和するお薬があるそうです。
またもしかしたら他の病気が潜んでいる可能性もあるのでやはり獣医さんに相談してね。

ちなみにこの子はお薬で症状は解消したそうです。
よかったね! 
| 飼い主探し隊 | 21:25 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
それぞれの夏休み

natuko2なっちゃんはキジトラの女の子
2年前にもらわれました。

なかなかの美人さんでしょう?
ひとりお嬢様で大切にしていただいてます。

お母さんはシャム系でしたがなっちゃんをはじめきょうだいたちはみんなキジトラでした。
猫の柄って不思議ですよね。

mii
8月16日にお誕生日を迎えました。
ということはきょうだいみんなお誕生日ということ・・
これ、なにかなあ・・巨大さつまあげ?まさかね・・
         natuko1      natuko3


mikio
そしてミキオは・・

八ヶ岳のペンションへ・・

牧場のウシさんに遭遇して固まる

ウ、ウシ〜〜

ロングドライブに高原デビュー
はじめてだらけを満喫した夏休みだったそうです



hachi
こちらは6月にもらわれていった子犬さん。

今4〜5ヶ月ぐらいでしょうか。

満面の笑顔・・
大事にされているのがわかりますね。

名前は「ハチ」
秋田犬じゃないけどなんとなく映画の「ハチ」に似てますね。

これからいろんなことを覚えて楽しい時期です。

それぞれの夏。
もうすぐ秋の気配がやってきて過ごしやすくなります。



保健所には大量の子犬がいますがほぼもらい手は決まったそうです。
子犬は早いですね。
成犬もどんどんもらわれてほしいなあ。
余談ですが「HACHI」のリチャード・ギアさまの愛犬はセンターから引き取った雑種犬だそうで。

アメリカは動物愛護意識が高いのでセントラルパークを散歩する犬達は元保護犬の確立が高いそうです。
人口が多いから捨てられる犬も多いんだろうけど受け皿がしっかりしてるからいいのかなあ。

| 飼い主探し隊 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯が命!
「芸能人は歯が命!」ってコマーシャルあったの知ってます?イヒヒ
もう10年ぐらい前かも・・
歯磨き粉(・・粉とは言わないか?汗)のコマーシャルで東幹久くんが「にっか〜〜」とムキッパで笑うやつです。
そうテレビでみんなが注目する芸能人は真っ白な美しい歯でなければだめなのです!
チッカチカの白い歯でなければ!!

何が言いたいかというと「ワンコも歯が命」ってことでして・・

犬って年をとっても人間みたいにしわやシミができるでもなし。
だいたいが保護犬は年齢がわからないのでありまして年齢を推定するにはやはり歯についた歯石の具合から推定するのが一般的なようです。

で、以前に保護してめでたくもらわれたクリームダックスの凛(りん)ちゃんなのですが・・
推測するにかなりのお年だったようで歯石もてんこ盛りでしたたらーっ
人間だって歯石が原因で歯がボロボロになって抜けちゃったりするわけなので歯石は取ったほうが歯も長持ちして食事もおいしくいただけるだろうってことで歯石除去をしてもらうことになったそうです。

これ術前
rinha

でもって術後・・きっら〜〜ん!!ぴかぴか
rinha2
すごいでしょ?これで5才はサバよめちゃったりします?
かくして凛ちゃんはチッカチカの歯で「ワンコも歯が命!」
| 飼い主探し隊 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
君と一緒に生きよう
もうすぐゴールデンウィークですねえ。
この不況で必要以上に長〜い休みを取らなくてはならない方もいるのでは・・?
はたまたサービス業で休みなんて関係ないという方も・・

「あっ・・高速料金1,000円になっても絶対出かけんもんね!めっちゃ混むし!」
という方は読書はいかがでしょう?

hon『君と一緒に生きよう』 森 絵都 著
毎日新聞社刊 1,400円

毎日新聞に連載したコラムのまとめです。
一気に読めます。
前半は里子に出た犬と里親さんのエピソード。
後半はボランティアの活動や保健所リポート。
wan lifeの史上最悪と言われたブリーダー崩壊レスキュー・・(この後広島のドッグパーク事件がダントツになりましたが)
処分器にかけられ最期を迎える犬達の様子のリポート・・
ティッシュ1箱ご用意いただきたい・・


興味深いのは作者自身、回を重ねるごとに動物問題への意識が高まってくること。
お涙ちょうだいの感動話だけではないです。

簡単に飼われ、捨てられ、殺される命・・
金儲けの道具として物のように扱われる命・・
今こうしている間にも生き地獄にいるかもしれない命・・

一緒にこの国がかかえる動物問題を考えてください。
| 飼い主探し隊 | 22:14 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
猫って・・
昨年の夏お隣の県から相談がありました。
工場に子猫が入り込んで困っているとのこと。
「もし捕まえられて連れてこれそうなら譲渡会に出してみますか?」と提案しました。
ところが
「人が近づくと機械の間に入り込んでしまい姿を見ることがほとんどできない。でもいることは確かです。」
・・という答え。
どんな色柄なのかはっきりとわからないしもちろん性別なんかわかりません。
入ってきたからには出ていけるはずなのでしばらく様子を見てもらうことにしましたがどうもそれも無理らしくこのままでは餓死してしまうので餌と水をやってもらい捕獲に努力してもらうことに・・
でも子猫ながら警戒心が強く餌はこっそり食べてはいるようですがなかなか姿を見ることもできないようで、
「捕まったらすぐに連絡します」というのを最後にメールが途絶えてしまいました。
どうなったかなあ、大きくなるともらわれにくいけど、その前に人に慣れてなければいくら子猫でももらわれないなあ・・などと思いながら時間が過ぎていきました。

三重猫半年以上も過ぎた今日突然その方からメールが・・
「昨日避妊手術を受けました。だいぶ慣れてきました。ここにいたいようなので居候させることにしました。」

えっ?そ、そうなの?・・で猫は女の子だったの?って感じですたらーっ

おどろいたやらうれしいやら・・

その方がずっとその猫を見守ってくれててがんばって手術をしてくださったことが管理人はとてもとてもうれしく思ったのですラッキー


三重猫2猫ちゃんはオッドアイのとてもきれいな子。
暖かいストーブの前で安心しきって寝転んでいます。
どこへも行かずにここが気に入ったようですね。
工場や倉庫に住み着いてしまった猫の話は結構聞きます。

猫は不思議な生き物です。
今は完全室内飼いが主流ですが昔は内外自由のおうちが多く大事に飼っていた猫が突然いなくなって何日も帰ってこないと思ったら2軒隣りで飼われていたなんて話も聞きます。
違う名前で呼ばれてたりして・・
元の家に特に不満があるわけでもないのに突然そうするんです。
猫は猫なりに何か思うところがあるようで・・
不思議なものです。

野良猫も要領のいい子は餌をもらえるコネクションのある家が何軒かあると言います。
時々あんた飼い猫より太ってるんじゃないの?と思える野良さんいますよね・・ひやひや
でも多くはやはり痩せた不幸な野良です。

この子はどうしてここへひとりでやってきたのか、心ある方のところに上手に入り込んでうまく馴染んでいったラッキーな子ですね猫2
| 飼い主探し隊 | 22:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
寒い一日に思うこと
日曜日の番組はイメージが対象的な2つでしたね。

『夢の扉』は映像はショッキングでしたがこれからの世界を担う子供たちへの愛護教育が明るい未来を予感させる仕上がりでした。

でも『一人と一匹たち』…辛く切なく痛い1時間半でした。

多摩川での生活から抜け出すのが怖い若いホームレス。
抜け出したくても抜け出せない年配のホームレス。
言われなき襲撃に合うホームレスと、毒殺される猫たち。

人の心が荒ぶと弱い者に暴力が向かいます。
世の中が不景気になると弱い者が犠牲になります。
それが当たり前なのでしょうか。
勝ち組、負け組だから仕方ないのでしょうか。
住所も戸籍もなく人知れず死んでいく人と猫。

好きな言葉があります。
「自分の命は自分のためにあると思ったら大間違い。自分より困っている誰かを助けたり野良一匹でも救うために人は命を授かっているの」
これはピアニストで画家のフジ子ヘミングの言葉。
彼女はクリスチャンです。
管理人が子供の頃、親から
「ええか、百円持っててなあ、隣に困った人がいたら五十円あげるんやで」
と言われました。
「なんで百円しかないのに半分もあげなあかんの[:がく〜:]」
子供の頭では「思いやりを他者に与える」というたとえということがわかりません。
大人になってそれがようやくわかりました。
宗教は違えども「信仰」は人や動物を救います。

世の中の人すべてがこういう考えでいられたら不幸な動物や争いは無くなるでしょうに。

この世に無駄な命などひとつもない、みな意味があって生まれてきているのです。


アメリカではゴミだらけの不潔な中でペットを飼うことは処罰の対象になります。
でも多摩川のゴミだらけの小屋に暮らすトントンやモモは満ち足りて幸せそうに見えたのはなぜでしょうか…
自分の食事を切り詰めてでもご飯をくれるおじさん達がいるからでしょうか…


(写真家は岩合さんではなく小西さんでした、すみませんひやひや
チャアカは死ぬ前は少し苦しかったかも知れないけれど住み慣れた場所で最後を迎えられてよかったのだと思います。
小西さんの奥さんはチャアカを病院に連れていこうと思えば連れて行けたはずです。
でもそうしなかったのはチャアカが望まないと知っていたから。
病院へ担ぎ込んで点滴や栄養チューブに繋がれてたとえひとつき長生きしても猫にとっては拷問です。
人間からみると哀れに見えますが茂みの中で静かに最後を迎えることが猫には普通のことなのでしょう。

「この猫達は避妊去勢してあるのかしら」とつい思ってしまうのがボランティアの性ですが何かそういうものを越えたものを見たような気がします。

今日は3月なのに寒い日になりました。世の中の片隅で震えている人と動物に暖かい春が早く訪れることを祈るしかありません。

番組のホームページから意見感想を送りましょう。
今後も動物関連の番組を作ってもらいましょう。

『夢の扉』
http://www.tbs.co.jp/yumetobi/

『NHK ETV特集』
http://www.nhk.or.jp/etv21c/lineup/index.html

| 飼い主探し隊 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
動物に求めるモノ
知り合いのボランティアがトライアルに出していた犬を「飼い方が不適切」という理由で引き上げることにしたそうです。
両親と娘の家族、持ち家、犬好き、先住ペットなし。
一見問題はないようですが・・精神状態が不安定な娘さんに犬をあてがい世話をすることにより立ち直らせようと考えていたそうで世話はすべて娘さん任せにしていたそうです。
娘の心のリハビリに・・と思う両親の必死の思いかもしれません。
でも自分の感情のコントロールもできない人に一から十までの生き物の世話は難しいです。
まして自由きままに動き回り、食べて排泄して日々生きている犬です。

アニマルセラピーというものがあります。
動物が老人や心を病んでいる人を癒すプログラム。
それなりに効果を上げているそうです。
でもそれは専門の訓練を受けた適性のある動物が、ある時間内だけ行なうからよいのです。

私たちも以前に「情緒不安定の妹の癒しに・・」と小型犬を希望されたことがありましたがお断りしました。
犬を利用するという考えに抵抗がありましたし、何より保護した犬達は心に傷のある子が多く問題行動もあります。
どちらかというと「癒す」より「癒されたい」存在なのです。
残念ながら普通の精神状態でない人が我慢強く安定してお世話できるものではないのです。



「なぜ動物を飼いますか?」とたずねると最近では「癒されるから」が一番多い答えだと思います。
なんの邪念もない動物はいるだけでやすらぎを与えてくれますね。

彼らに何かを求める前に自分が彼らに何ができるか考えたことはありますか?

自分よりずっと弱い立場ではるかに寿命が短い彼らに・・
何かを期待するのではなく・・

自分の何倍も早く生き急いでいく彼らに・・
幸福で健康な生涯をまっとうしてもらうよう考えてみる。

そうすれば彼らは自ずと何かを与えてくれると思います。

| 飼い主探し隊 | 22:36 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
『アメリカ動物診療記・・』
本昨年12月にこんな本が出たのでお正月休みに読もうと思い取り寄せたのに結局遊んでて読まずにグズグズしていた管理人・・撃沈
『アメリカ動物診療記〜プライマリー医療と動物倫理〜』
西山ゆうこ著
駒草出版 2,100円

後半は文字通りアメリカの獣医療について。
作者の西山ゆうこさんは新聞にもエッセイを連載していて獣医さんであるとともに動物福祉の推進に尽力している方で以前から名前は知ってました。
最初の章ではアニマルポリスを中心に日本よりは20年は進んでいるであろうアメリカの動物福祉事情を紹介しています。


管理人は思う・・
なぜアメリカで速やかにアニマルポリスは誕生したか・・
なぜ日本では遅々として動物をめぐる法律の改正や環境の改善が進まないのか・・
それはアメリカと日本の国民性にあるのでは・・と

アメリカ人は嫌なことがあるとだまってられない国民である。
周りのみんなを巻き込んでそれ〜っとばかりに抗議行動に出る。
ある地域の野良猫問題に注目すると・・20年前のアメリカは今の日本以上にモラルのない飼い主が横行し、通りには野良猫があふれ鼠算式にどんどん増え深刻な騒音・糞尿被害があったそうで。そこでだまってられないのがアメリカ人で行政に「なんとかせえ〜!!」とビシバシ怒鳴り込み、自分達でも動き、あっという間にTNRで猫の数を制限して今後不道徳な飼い方を取り締まれ!とばかりにアニマルポリスも誕生したというわけらしく・・

それに比べて日本人は「我慢」を美徳とする国民性である。
「この辺野良猫増えたなあ・・」と思っていても「まっいいか」と思っちゃう。
行政は誰も文句言ってこないから「ああ平和。な〜んも困ったことないわ」ってことになってる。
これが住民みんなでわ〜っと抗議に行ったらいっくらのん気な公務員でも動くんじゃないかなあと・・
だから「声をあげる」って大事なんですね。
っと思ってるのは管理人だけ?

とにかくお時間のある人は読んでみてください。
ちょいと一般受けしないジャンルなので多分普通の書店では取り寄せになるかも・・

それと獣医関連と言ってはなんですが・・
岐阜大学の獣医科の学生さんの有志で作る『ドリームボックス』
名前だけ聞くと「へ?」っと思うけど殺処分ゼロをめざして彼らなりに何ができるか模索・活動しているグループです。
飼い主探し隊や他の譲渡会に見学に来てもらったりアンケートをとってくれたり勉強や研究で忙しい中がんばってくれてます。
こんな動物福祉に熱心な学生さんたちが実際獣医さんになってくれたらボランティアとしてこんな心強い味方はないですね。この情熱を持ち続けて欲しいです!

管理人はもうてっきりリンクしてるもんだと思っていたのにうっかりしてませんでした。
すみません困惑
あらためてご紹介
学生動物支援団体 ドリームボックス
犬猫紹介ネット『ファミリア』 (工事中らしい・・)
| 飼い主探し隊 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
野良猫・地域猫
昨夜のテレビは見ているにはとてもほんわかしてて・・人情下町で健気に生きる猫たちに「がんばれよ!」とエールを送りたい気分でしたね。
忠犬ハチ公みたいな猫もいて・・「猫は家につく」ってことわざ通りあの子はあの場所から離れられないんだと思うけど、元飼い主に駆け寄っていく姿が涙を誘いました。
テレビ的にはきれいにまとまってたけど・・
でも現実はかなりきびしいです。

クロ猫だって健康な子ばかりじゃないし、東京の野良猫はかなりの率で猫エイズのキャリアがいるそうです。
そういう子達は環境や栄養状態が悪ければすぐに発症してしまう。
地元のボラさんは大変だと思います。
でも東京はさすが意識が高いから地域猫団体が荒川区だけでも21もあって・・
ちょいとびっくり・・

区のほうも手術の補助出したりして真剣に取り組んでますね。
その点地方はまるで地域猫活動進まない・・
ついこの前まで「野良猫を捕獲して○日までに持ってきてください。処分しますから」なんて回覧まわしてた自治体がどっかにありましたよね。全国からたたかれてましたけど・・


ピー増えすぎた猫の数を減らすのはTNR(Trap-Neuter-Return)つまり、捕獲して不妊手術して元の場所に戻す方法が一番効果的だと理論上証明されてます。
猫を捕まえて殺処分して一時的にその地域は猫が減ってもまたよその地域から猫がやってきて繁殖して増えます。
しかし不妊手術した子を産まない猫が縄張りをはってるとよそからの猫の侵入はなく猫の数はゼロにはならないけど数が増えもしない安定した状態が保たれるんです。

命あるものは人も猫も同じ。人間だけがこの世にいるわけではないから猫とうまく共存している地域はきっとやさしい町で、次代を担う子供たちも良い大人になるんじゃないかと思います。



みけやんそれと「らんちゅう」やられちゃって苦笑いしてたおじさん。あの人は猫が好きでも嫌いでもない人。大方の人はそうです。「別にいてもいなくてもいいけど悪さされると困る」って人が大勢を占める。
猫は「この金魚○○さんちのだから手出すとまずいニャ」なんて思わないから人間側がやられないよう工夫すればいいんです。しっかり防護網張るとか・・
種まいたばかりのやわらかい土の花壇で「まってました」とばかりに猫はトイレします。
だからはいらないよう工夫すればいいんです。
15センチぐらいの枝のような棒を等間隔に並べて立てておくと嫌がって入りませんよ。植物が生い茂るまでそうしておけばいいんです。
とにかく地球上でそういう工夫ができるのは唯一人間なんだからそれが人間の使命だと思うんですが・・



(写真は文章とは関係ないです。近所の野良たち・・もうこの世にはいませんが・・)



| 飼い主探し隊 | 22:28 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

【お詫び】現在ホームページの更新ができない状態です。『犬の譲渡条件』『猫の譲渡条件』のみご参照ください。
飼い主探し隊ホームページ
飼い主探し隊ホームページ里親募集譲渡会

譲渡会場「愛の森」のご案内


Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


ランキング
ランキングに参加しています。
一日わんクリックお願いにゃん♪ にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

【フリーステッチ】里子に迎えたワンちゃんに首輪のプレゼントがもらえます!
36171836_o1.jpg

Profile

メールフォーム

飼い主探し隊へのお問い合わせはこちらから・・

支援口座

保護した動物の飼育費、医療費に使わせていただきます。
皆様のご協力をお願いいたします。
―熟散箙埓彰愡拇后陛紅252)
 普通 1347319 「飼い主探し隊」
△罎Δ舛膓箙
 記号12440 番号34251221
「各務原飼い主探し隊」
(他行からの場合…店名二四八(ニヨンハチ)、普通預金3425122
※お振込後、メールでご一報いただけるとありがたいです。

PEPPY 楽天 でのお買い物はこちらから・・・

飼い主探し隊に間接的にご協力いただけます!
犬猫の総合情報サイトPEPPY ↓
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

楽天↓

クリックするだけで飼い主探し隊に募金をいただけます。クリックしても支払いは発生しないのでご安心を (*^_^*)↓

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode